読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たまにはプログラミングではなく、ロードバイクの話。

といってもライドではなく通販について。

ざっくり言うと、Wiggleで注文しても全然荷物が来ない場合の対処方法。ただしお問い合わせ番号(追跡番号、Tracking Code)がある場合に限る。

Sugilogのケース

  • Wiggleでの購入実績:ある。
  • 送り先の住所:前回購入時から変更なし。
  • 購入したもの:冬用ジャージ上下。2万円くらい。
  • 配送オプション:日本まで追跡番号付き配送

配達状況

  • 2015/12/13 : 注文、同日中に配送処理完了。
  • 2015/12/14 : 配達業者(Parcel Force)で受付完了、発送。
  • 2015/12/18 : 中国に到着。
  • ... その後消息を断つ。

問い合わせ状況

  • 2015/12/21 : Wiggleに荷物が来ないことを問い合わせ。確認する旨連絡がきて、その後連絡なし。
  • 2015/12/22 : Wiggleに問い合わせの返信を催促。配達業者(Parcel Force)に催促したとの連絡。
  • 2015/12/24 : 郵便局の国際郵便窓口に問い合わせ。郵便局ではわからないから税関に問い合わせして欲しいと言われる。
  • 2015/12/25 : 東京税関の国際郵便の窓口に問い合わせる。税関ではわからないから国際郵便局に問い合わせして欲しいと言われる。
  • 2015/12/25 : 東京国際郵便局に問い合わせる。確認の結果、中国に配達されて住所不明で返送処理がされていることがわかる。
  • 2015/12/25 - ... : Wiggle.co.ukに問い合わせ中。

どうして配達がされないか?

  • はっきりとした原因は不明。
  • 東京国際郵便局の人の仮説は2つ。
    1. 荷物のラベルに書かれた住所が間違っているケース。
    2. イギリスの配達業者が漢字の住所を中国宛だと思って送ってしまったケース。

問い合わせ先別でわかること

Wiggle.jp

日本語の窓口担当者が、イギリスと連絡をとってくれる感じ。

今回は、結果論ではあるが、十分な確認をしてもらえなかった。

Wiggle.co.uk

現在問い合わせ中。12/25はクリスマス休暇でガッツリ休みに入ってるらしい。

英語での問い合わせになるけど、たしかな情報が得られるはず(期待も込めて)

郵便局の国際郵便窓口

https://www.post.japanpost.jp/int/question/tel.html

お問い合わせ番号からなんとなくな情報を教えてもらえる程度。案内は丁寧。

イレギュラーなケースだと範疇を超えるっぽい。

東京税関の郵便窓口

http://www.customs.go.jp/tokyo/yuubin/yubinmadoguchi.htm

税関での状況を教えてもらえる。

東京税関でめちゃくちゃに荷物が届いて、仕事が滞っているのか、とか。

税関に入ってきたものはだいたいすぐにチェックはされるみたいなので、追跡していて東京税関が書かれていなければ、東京税関までそもそも届いてない可能性が高いらしい。

案内は丁寧にしてもらえる。

東京国際郵便局

https://www.post.japanpost.jp/cgi-shiten_search/shiten.php?id=5559

お問い合わせ番号を伝えれば、荷物の状況を確認してもらえる。

Sugilogのケースで言えば中国で返送処理がされてる、みたいなことを教えてもらえる。

1時間かけてやっと電話が繋がるレベル。根気が必要。電話がかかってしまえば、最も正しい情報にありつける可能性が高い。

なぜかホームページにはフリーダイヤルしか書かれていない。携帯電話からだとつながらない。

勝手に電話番号書くのもまずいのでここでは書かないけど、税関の窓口の人は教えてくれた。

荷物の実際の宛先がどこであったか、みたいな情報は確認できない。あくまで配達状況のみ。

今回からの学び

Wiggleは荷物の配送には責任をもっていない(と思われる)。

  • 6日で付くはずの荷物が全然届いていなくても気に留めていない。
  • 問い合わせをうけても、荷物の状況がどうなっているのかを確認していない。配達業者に催促するレベルまで。

イギリスから中国を経由して日本に配達されることはまずないらしい。

  • 中国でトランジットしてるの?変だな?と思った時点で問い合わせないといけなかった。
  • 配達は6日前後くらいかかるからまぁいいよね、みたいに思っていたことも購入者としての責任感もなかったのかもしれない。

クリスマスとか外国の人ががっつり休みそうなころの通販は危うい。

  • 問い合わせに対するレスポンスが、やばいくらい遅くなる。
  • はやめはやめのコンタクトを。