読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Go言語:自作パッケージ

Go言語

自作パッケージの作成と実行

  • ディレクトリの構造に従う。
  • 環境変数を指定する。

つくってみた

自作パッケージ:main

自作パッケージ:mypackage1

自作パッケージ:mypackage2

自作パッケージのディレクトリ構造

$GOPATH/src以下に自作パッケージを作成する。

今回作ってみたプログラムだと、以下のような感じ。

$GOPATH/
    |- sample.go
    |- src/
        |- mypackage
            |- one.go
            |- two.go

srcというディレクトリを作るから、sample.gosrcにおいたほうが良かったかも。

環境変数の指定

実行時に指定するだけでも全然OK。 - 今回は作業ディレクトリなので、$PWDで済ませる。

% GOPATH=$PWD go run src/sample.go
ONE
TWO

-vオプションを付けて実行してみると、先にmypackageがコンパイルされていることがわかる。

% GOPATH=$PWD go run -v sample.go
mypackage
command-line-arguments
ONE
TWO

-v print the names of packages as they are compiled.

参考

KOBE GDG: Go言語で独自パッケージを作成する